【ラジオ体験収録の感想】らじきゃすのスタジオは楽しくて快適な空間

PexelsによるPixabayからの画像



らじきゃす に 体験収録行ってきました!
お話をして、収録、アドバイスをしてくださった局長の小塚さんは、実物はもっとイケメンです。
ここ を下にスクロールしていくと、局長・小塚さんのお顔をみることができます。


ラジオは、前筆名の頃、ゲスト出演したりレギュラーパーソナリティーをしたり、一人語りで30分番組をインターネットラジオで収録公開したり、番組内で朗読する小説を提供しました。

中野谷つばめは、YouTubeをラジオとして、月曜から金曜の23時「中野谷つばめ5分間文学ラジオ」を公開してます。
こちら
今回のらじきゃすのラジオ収録体験については、 第9回 と 第10回 で話しました。



らじきゃすのラジオ収録体験は、楽しかった!
理由は次の通りです。
*局長の小塚さんが話を聞いてくれる
*適度な部分でアドバイスをくださる
キューだしで快適にスタート
ヘッドホンとマイクで程よい緊張感
*自己紹介という自分のことなので話しやすい
*「ラジオ番組を持つこと」が続けやすい
*カンだ部分は編集でなかったことに!


いつも、いつまででもだらだら雑談をいくらでも話しちゃう中野谷つばめです。
ずーっとしゃべっていられるのが特技かも。
話しているうちに、どんどん関係ない部分まで思い出しちゃって、話しちゃいます。

そんなとりとめのない話を、らじきゃす局長の小塚さん、辛抱強く聴いてくださいました。
ありがとうございます。
小塚さんの懐の大きさを、今になって痛感してます。

体験収録の番組内容は、中野谷つばめの自己紹介です。
事前に、自己紹介をまとめてきて、といわれていたのでA4で2枚にまとめました。
小学校6年生の国語の授業きっかけで書くことが好きになったとか、中学校のときは土曜の午後と日曜の朝のラジオを聴くのが好きだったとか、カセットテープに自分の番組みたいに吹き込んでクラスメートに聴かせたとか。
「書くこと」と「ラジオとの関わり」をしゃべりました。

メモしたことを全部しゃべったら、トータルで30分以上に。
これで、一番組できちゃう、ってわかりました。


そして、ちょっとくらいカンでも問題なし!
実際のラジオ番組収録の時には、編集してなかったことにしてくれるんですって!
安心ですね。
間違えても大丈夫、って思えると。


パーソナリティーとしてトークに集中できる環境を作っていただいているのですね。


「中野谷つばめ5分間ラジオ」はYouTubeでの帯番組。
こちらです
そのほかに、月に1回25分番組を公開していくのもいいなあと思っています。
9月下旬にいきなり公開してるかも。


とにかく楽しい収録体験でした。
ありがとうございます。









中野谷つばめプロフィール
公式サイトには書いていない自己紹介
お仕事MENU
note 毎日記事投稿
Twitter つばめ|感想が得意なライター|文筆家
FACEBOOK
中野谷つばめ5分間文学ラジオ YouTubeラジオ


トップページへ戻る



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です