【YouTubeの感想】投資してもらうには1000%納得させるしかない

Peggy und Marco Lachmann-AnkeによるPixabayからの画像

かつて「マネーの虎」というテレビ番組がありました。
挑戦者が、自分の事業に出資してもらうために出資者である「虎」の質問に答えつつプレゼンします。虎(お金持ってる方)(企業経営者)が納得すれば出資してもらえます。

時は令和。
YouTube「令和の虎 Tigger Funding ALLorNOTHNG」という番組がスタート。
中野谷つばめの名付け親であるKAZU先生が出演した#58の全3回を観ました!
KAZU先生=田井嘉寿久さん。

「ビジネスをすること」「人からお金をもらうこと」について、すんごく考えさせられました。当然のことなんですが、トップクラスの人(稼いでいる 自信がある 方法を自分で持ってる)の言葉は、説得力があります。


動画は次の3つ。ひとつ15分ほどなので、すぐ観ることができました。
#58 1/3

#58 2/3

#58 3/3


目次
1つ目の動画でつかみはオッケー
2つ目の動画でいい感じ?
3つ目の動画で虎たちの結論と理由
まとめの感想





1つ目の動画でつかみはオッケー

でおちでつかみはオッケーのKAZU先生は、プロフィール紹介で「ブレイクダンスで全米1位 世界2位」ときて「YouTuberとして実績あり」です。
興味をひかれます。

動画の中でも、踊ってもらっていい?
といわれて、音楽もなしで見せ場だらけのダンス披露。
おー、って。
カッコいいです。
決めるところは決める、角をピシッと決める。
足先まで指先まで、安定してます。

5人の虎(お金持ってきてる人)から、次々くる質問に、かなり具体的に数字を答えていきます。


3つ目の動画の最後まで観てから思うと、ここで評価は分かれてて、出資者5人の印象は決まっちゃってたのかな、と。

KAZU先生、すんごい緊張してる様子が伝わってきました。
夢ゼンテーションで、誰のどんな質問にも瞬時に答えてた様子とは違ってます。
KAZU先生のペースではないですね。

KAZU先生のセミナーの感想 東京3回目
              2019年7月大阪
              2019年10月大阪

そっか、KAZU先生も緊張することがあるんですねえ。
新発見。



KAZU先生の提案は、YouTube制作の会社を作ること。希望額は700万円
YouTubeの番組は、広告なんだけれど自然な広告で、製作費広告費は新規お客様獲得で戻ってくるよという循環型にしたい、という内容でした。



2つ目の動画でいい感じ?

YouTubeについての具体的な虎(出資者)からの質問と、KAZU先生の答え。

2本目のみどころは、虎(出資者)のYouTubeチャンネルについてどう思うか、どう変えたらもっとよくなるか、再生回数がアップするか、っていうポイントです。

話が具体的になってきます。
KAZU先生の話のポイントとして
*初動はどれくらい検索でたどり着いてくれるかという認知度アップ
*毎日更新して認知度アップ ファンを作る
*コンテンツ(動画の中身)とキャラクター確立と検索

でした。

話す様子は、やっぱりものすごい緊張感です。
KAZU先生も緊張してるし、虎(出資者)もまだまださぐりさぐりっていう様子でした。

虎の方々に、KAZU先生のよさが伝わってないんですよね。
話の展開や弾みがイマイチで。
もったいない。



3つ目の動画で虎たちの結論と理由

最終的に、出資するかどうかのジャッジが下されます。
結論は、動画を観てください~。


虎の5人それぞれ意見が割れてました。
お試しならいいけど、満額は出せないという意見があり。
なんで今日はお試ししかだめなのかというと、どうも風貌も含めんうさんくささが抜けきれてなかったみたいです、印象として。

いっしょに仕事をしたい、この人に出資したいと思うには
*ものすごい数字の実績
*誰も見たことがないけどものすごい説得力のあるノウハウ

が、必要だと。

そりゃそうですよね。
なんだかわからない人には、まあ安くていいから試しにやらせてみるか、ってことです。正規の値段で依頼するには、信頼度が低いってことですね。

まとめの感想

個人的に、中野谷つばめはKAZU先生心酔派なんです。
それはしようがない、夢ゼンテーションの前身となる「夢に一歩近づくセミナー」っていう1時間ちょっとの動画を観てしまったので。
そこキッカケで改名までしちゃって、名付け親になっていただいたので。


今回の「令和の虎 Tigger Funding ALLorNOTHNG
#58の 1/3、 2/3、 3/3
の3本は、すんごい面白く観ました。
ただ、観終わってすんごい疲れました。
緊張感をもろに受け取ってしまって。
映画「相棒」の2作目を観終わった時くらい疲れました。

KAZU先生は、決してYouTubeを甘く見ているわけではないと思ってます。
YouTube制作のプロですから。

いずれ、どなたかのYouTubeをどーんと大きくしちゃってください。
どーんと大きく、の中身は、再生回数を増やすこととチャンネル登録者数を増やすことです。
3か月で結果出せると、ものすごい実績のひとつになりますよね。


動画を観ながら、自分のことに置き換えてました。
3か月で結果出す。
実績を作る。
ノウハウを確立させる。

やることは、シンプルです。

自分でやることを再確認した動画鑑賞でした。





中野谷つばめ公式サイト 本と文具とファミレスと文章と
中野谷つばめプロフィール
公式サイトには書いていない自己紹介
お仕事MENU
ツイッター @ファミレスで文章を書く人
FACEBOOK



トップページへ戻る