【本の感想】人は見かけで判断しちゃいけない、意外な本音がわかったら

ツイッターでの名前を「@ファミレスで文章を書く人」としているように、ファミレス大好きを公言してます。
3月4月は、1回づつしか行ってませんが。

「ファミレス」と名のついたものには興味を惹かれるので、読みました。
国道沿いのファミレス
著者は 畑野智美さん(ツイッター

ファミレスという場所で働く人々の話かと思ったら。
意外に、ファミレスでの場面は少なく、主人公の部屋とか周辺がよく登場するかなあ。


主人公の佐藤善幸は、ファミレスの正社員で、東京から地方の店舗に移動。
異動先は、生まれ育った故郷の町なんだけれど。
過去って、ある意味呪縛になっちゃいます。
呪縛を解くためには、真意を聞きまわることしかないかもしれません。

新しい職場の人々も、いろいろ。

働く場所って、自分の思い通りにならないこともあるし、意外な人がみかたしてくれることもあるから、面白いです。
読んでるこちらは。

人って、普段見せてる表情と本音が意外に違うものです。
自分は普通にしているつもりでも、他人からはどう見られているかはわからないし。


最後まで読んで、男性が主人公だし、へんに鈍いところがあるから作者は男性なのかと思ってました。
実は、女性の作家さんでした。

ここまで、男性が主人公の小説を書ききれるってすごいなあと、いっぺんでファンになりましたよ。
また、別の小説も読んでみたいものです。




note で ノウハウや小説を毎日更新中

中野谷つばめ プロフィール
公式サイトには書いていない自己紹介

中野谷つばめ お仕事MENU

ツイッター @ファミレスで文章を書く人
FB

トップページへ戻る