【本の感想20191204・79/100】筆名の思い出

演劇用語がたくさん載っています。
辞書です。

わたしは現在「中野谷つばめ」というペンネームで活動をしています。
その前のペンネーム「岳谷鈴女」を考える時に
演劇小辞典から取りました。

1ページ目から順番に見て
「か」まできて「楽屋雀」という言葉に出会いました。

役者さんの楽屋で噂話をするコアなファン。
雀のようにちゅんちゅん騒いでいる人、のことです。
転じて「情報通」という意味も。

岳谷鈴女は8年活動しましたが
情報通にはなれませんでした。

『演劇小辞典』
石崎一正・著
泉三太郎・著
ダヴィット社

“【本の感想20191204・79/100】筆名の思い出” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です