【本の感想20191204・67/100】いつか必ず結ばれる二人

里中満智子さんの漫画です。

海のオーロラは
一部二部三部ぐらいまで
あったでしょうか。

一部は古代エジプトが舞台
二部は日本の卑弥呼の時代が舞台
三部は未来で、宇宙船で星の間を巡ることができる時代です。

エジプトの時代から巡り合った二人は
運命に踊らされて、
なかなか結ばれることができません。

生まれ変わったらまた出会おうと誓い
別の時代で出会い
また恋をし
また運命に引き裂かれ
そして最後には
新しい星のアダムとイブになったのでした。

長い時間をかけて結ばれた二人には
幸せになって欲しいです。

『海のオーロラ』
里中滿智子・著
講談社文庫

“【本の感想20191204・67/100】いつか必ず結ばれる二人” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です