【本の感想20191204・49/100】ずっときれいなアリス

物語は
みんながよく知ってる
『不思議の国のアリス』です。

イラストと表紙と裏表紙を描いているのが
草間彌生さんです。

水玉模様とか
かぼちゃの黒と黄色の模様とか
草間彌生さんらしい柄が
いっぱい出てきます。

物語はちゃん小文字にしてあります。
イラストだけ眺める、ってできる本です。

5年ぐらい前のお誕生日に
買ってもらいました。

眺めると減っちゃいそうで
もったいなくて
1、2回しか開いたことがありません。

色がすごく綺麗です。
何年経っても
色褪せない絵本なのです。


『不思議の国のアリス』
With artwork by 草間彌生
ルイスキャロル・作
楠本君恵・訳
グラフィック社

“【本の感想20191204・49/100】ずっときれいなアリス” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です