【本の感想20191204・6/100】展開したその先のストーリー

一番好きな小説は、と聞かれると
『チョコレートコスモス』と、答えます。
二番目に好きな小説は、
と聞かれて答えるのが
『パロールジュレと魔法の冒険』です。

読み始めた時は、

本にまつわるファンタジー? 

時空を超えた SF?  

探偵もの? 

謎解き? 

みたいなストーリかな、と。


「パロールジュレ」というものの

正体に迫ってくるあたりから

物語は展開していき

恋愛ものの要素もでてきて

逃避行の場面もあり

だんだんと引き込まれていきました。


じゃあ最後には

一体どうなっちゃうんだろう。

頭の場面から

全部巻き込んで

お話がまとまり

完結しました。

大風呂敷を広げて

最後にまとめるっていう

鮮やかさに

とても心を惹かれた小説です 。

『パロールジュレと魔法の冒険』
吉田篤弘・著
角川文庫

“【本の感想20191204・6/100】展開したその先のストーリー” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です