【本の感想20191204・23/100】好きプラス技術

文章を書くときに、
伝えたい・わかりやすく、と考えると
読者目線は必要です。

この本の著者さんは
自分の趣味のものを書いて成功した方です。

誰でも自分の好きなことを、ただ好きなように
ブログに書いていけば売れるわけではありません。

読んでもらうには、
やはり読者のことは意識します。
文章を書くスキルも、
中の上ぐらいのレベルは最低限必要です。

著者さんは、広告代理店で
長年コピーを書いてきた方です。

そういった土台があるのです。


好きこそものの上手なれ。
文章が書くことが好きなら
だんだんと上手く書けるように
なります。


『読みたいことを、書けばいい』
田中泰延・著
ダイヤモンド社

“【本の感想20191204・23/100】好きプラス技術” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です