【本の感想20191204・17/100】強く美しくパワーアップ

白夜行の続編です。

主人公の女性が、より強く美しくなっていくお話です。
物事に対するからくりの作り方も
パワーアップしています。

かといって美人の嫌な女ではなく
思いやりを持ち
仕切る時にはきちんとできます。
実は人当たりが良いのです。

彼女の裏の顔に気がついた人は
罠を掛けられ、間違いなくハマります。
彼女の方が一枚も二枚も上手です。

彼女の人生は、まだまだ続きます。
幻の夜のようなもの。

裏で色々なことをしている分
彼女は表向きには美しく強く
よりパワーアップしていきます。

潔さが魅力的です。

『幻夜』
東野圭吾・著
集英社文庫

“【本の感想20191204・17/100】強く美しくパワーアップ” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です