【本の感想】小説の「守破離」を超えた面白さ

直木賞受賞作『渦 妹背山婦女庭訓魂結び』を読みました。
直木賞のサイトは こちら
インタビューサイトは こちら



小説の書き方って、セオリーがあります。
セリフの書き方。
心の声の書き方。
地の文とセリフの書き分け方。
地の文と心の声の書き分け方。

と、教えられました。

この『渦』の直木賞受賞時の講評に
わからないけどストーリーに引き込まれていく
といった言葉があり
わからないんじゃ、しょうがないでしょ。
セオリー無視の小説なんて、面白いの?
と思いました。

その考え、間違ってました。

主人公・近松半二の声に出して言うセリフから心の声への
流れは
渦に巻き込まれていくようです。

半二は、自分の書く浄瑠璃に巻き込まれていくと感じてます。
ライバルの作家たちも、自分の綴る物語に巻き込まれて渦となる、といってます。

ぐるぐるまわって、渦になって、巻き込まれて、なれの果てには
溶けていく。
っていう物語でした。

フィクションを生み出す過程は、時には苦しく、時には楽しく、
一周まわって、快感になります。

物語を生み出す作家として、半二の気持ちのちょっとはじっこは
わかります。

あ~、小説書きたい。
よし、書こう。

人形の手
って
ときどきすごいリアル。


中野谷つばめに関するリンクは こちら

トップページに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です