【セッションの感想】1対1での会話の具体的なところ・心を開放すると楽になる

スパイラルドリーマーカード®認定講師 有村幸子さんの感情セッションを受けました。
有村幸子さんのブログ こちら
ブログを紹介された記事 こちら



個人セッションなので、自分の感情にしっかり向き合うことができます。
セッションの中で、何に対しての感情を見つめたいかと考えて。
2月、短い小説を書いて賞に応募しようと考えていることについて、現在の感情と書き終えて賞に応募した時の感情を、みつめてみました。


感情の言葉の種類から、どれがあてはまるかピックアップ。
その中から、特に感じたベスト3を選ぶ。
3つの感情について、どういう状況なのか言ってみる。

この「言ってみる」って大事だなあと実感しました。

言うことで、自分の想いが体からでてきて具体的になるって感覚です。

特に、目的を達成したあとの感情を想像すると、ほんとうにもうできちゃってる(小説が書けちゃってる)気持ちになったのでした。
できちゃってるっていうゴールがあるから、もうあとは具体化して書くしかないよね、って感覚です。

そう思うと、できないとかわからないとかやったことないから不安といった感情も、ゼロではないけどかなり明るい方向へ向かいました。


個人セッションは、自分のことを語ります。
これは言わない、ここは言う、って自分の中で選ぶのではなく、今思ったことそのまま言っていくと、自分が楽になります。

隠そう隠そうと思って話すと、つらくなっちゃうんですよね。
言って、どう思われるのか考えすぎちゃって言えないと、悔いが残ります。
せっかくだから、さらけだして言っちゃった方が、気持ちいいです。

ものすごい国家機密をかかえているわけではないので、個人セッションならなんでもしゃべっちゃった方が、楽なんです。


わたしの、つらつらととめどない話を聞いてもらえるだけでうれしい時間でした。
すっきりしました&いい意味でのプレッシャーもありです。