【夢ノートの感想】書いて記録して行動して確認する、わたしには最良の方法

左・1冊目の夢ノート・キティーちゃんの折り紙を貼りました
右・2冊目の夢ノート・ピンクの表紙にシールで飾りました


Twitterでみつけた「夢ノート」の4文字は、文房具好きのわたしには、光って見えたのでした。


しいさん という方の 夢ノートについてのサイト をみました。
順番に動画をみて、夢ノートを作りました。
動画は、5分くらいだったので、集中力が欠けることなく見ました。

さて、実際に夢ノートを書いてみようかと用意したのが上の画像の左側のノートです。
内側にもキティーちゃんがプリントしてあるので、見るたびに可愛い。
表紙の柄が気に入らなかったので、折り紙でデコレーションしました。
サイズはA5。

夢ノートは、
1)自分の夢や目標を書き
2)そのためにやるべきことを書き
3)できたらチェックする
というものです。
毎日、夢や目標とやることを書き、行動するのです。
詳しい書き方は このサイト から順番に動画を見てください。



夢ノートを始めたのが6月下旬でした。
1日目、2日目、3日目、4日目あたりまでは、夢や目標を書いて実行、チェックしていました。
チェックは、□を書いてレ点をいれるのが定番です。
でも、なんかつまらないな~って思って、項目は〇をつけて、できたら可愛いシールを貼ることにしました。
シールがノートのページに増えると、カラフルだし楽しいです。

5日目か6日目、体調不良でだるくなり、1日ほぼ横になって何もしませんでした。
その後、1週間ほど夢ノートはお休みでした。
書かなきゃ、やらなきゃ、って気持ちがプレッシャーでした。


10日近く経って、結局目標がクリアしていないと気がつきました。
やってないのだから当然です。
気分をあらたに、また始めました。
何をやるか、を書くときに、毎日必要なこと、必要な用事もでてきます。
わたしの場合は、noteに記事投稿、Twitterのリツイート・RT・リプ、必要な買い物、郵便局に行く用事、などです。
また、洗濯をする、掃除をする、といった項目もあります。
全部、やることリストにアップしました。
今日はなにをしたらいいか、すべて把握できます。

できたらできた印にシールを貼ります。
シールはいっぱい貼りたいです。達成感が得られるので。

ひとつの項目をクリアするのに時間がかかると、テンション下がります。
なので、夢ノートの書き方にもあるように、作業量を小さくしました。

・500文字の記事を5つ書く

・500文字の記事の下調べをする
・500文字の記事を1つ書く
・500文字の記事を2つ書く
・500文字の記事を2つ書く

4つの項目に分けると、シールを4回貼れるので、楽しくなり、達成感もあり、1回貼ったら次もやろうって気持ちになりました。


次の問題は、やることがその日にクリアできなかったということです。
つい、自分のキャパを超える「やることリスト」を作ってしまい、やりきれない部分がでてきました。
そこで。
本当に必要なら翌日に回しちゃいました
郵便局にいく、黒酢を買う、といったものから、記事の下調べをするまで。
今日できなくても明日やればいい。
やったことがひとつでもあれば、間違いなく一歩前進だとおもいました。
できなかったら、作業量が多すぎたのかも、と翌日見直したり。

書いている夢や目標についても同じです。
毎日同じことを書いていて、実現できたのかどうか。
なんとなく昨日と同じ目標を書いてしまう日々が続くと、これでいいのかな、と昨日よりもじっくり考える時間を取って考え直しました

自分の本音を自分で理解してあげなきゃ、と思ったのです。



8月16日現在、もう少しで2冊目の夢ノートを書き終わります。
たまに、書いたところを見返して、こんな風に思っていたんだ、こんなことをやったんだ、と自分で自分をほめてあげてます。

夢ノートは、夢や目標を実現させるまで、続けます。
わたしには、とっても合ってる方法なので、続けています。

やってみる?
こちら から
動画を順番に見て、要点をまとめて、自分の好きなノートとペンを用意して始めましょ。




中野谷つばめプロフィール
公式サイトには書いていない自己紹介
お仕事MENU
note 毎日記事投稿
Twitter つばめ|感想が得意なライター|文筆家
FACEBOOK
中野谷つばめ5分間文学ラジオ YouTubeラジオ


トップページへ戻る