文章術

【文章の書き方】文末が全部同じで意味がわからないからつまらない文章でした

USBの中身を整理しようとみていたら、7年ほど前に書いた文章を見つけました。
WEBライターを始めたころです。


読んで、がっかりして疑いました。
これはわたしが書いた文章ですかあ?
下手でした。

「驚くほど下手」ではなくて「下手くそで驚いた」のです。


下手な文章の改善点ポイント2つ

1)文末の工夫

「~です。」「~です。」「~です。」ばっかりで、たまに「~でした。」でした。

つまんない~って思いました。
ため息。

「です」「ます」「でした」「ました」の4パターン+使える時には体言止め。合計5パターンを使い分ければ、もっと面白い文章になるかと思えます。

使い分けの方法は、文章のリズムです。
文章を直す時に音読すると、感覚でつかめてきます。




2)理論の組み立て

で、何?

ってツッコミをいれたくなる文章があります。
(7年前のわたしの文章です)
何がいいたいのか、まったくわかりません。

当時のわたしは、たぶん、いいたいこととか伝えたいことがあったはずなんです。
けれど、文を読んでもまったく理解できません。

文章の組み立てが悪いのです。

タイトル   文章の書き方について
結論  はじめに結論をだして、自分の考えを述べる
理由  伝わりやすくなるから 読みやすくなるから
具体例 過去の自分の文章が下手 どこが下手なのか見直して気がついた

構想メモを数行書くだけで、考えがまとまります。
ここは、2019年のセミナーオブイヤー(10分セミナー)の通りです。
動画プラス記事は こちら



まだまだもっと文章がうまくなりたいので、改善点を見つけます。
これでも、7年前の文章よりはわかりやすくなりました。





中野谷つばめ note
公式サイトとは一味違うテキストを公開してます


中野谷つばめ プロフィール
公式サイトには書いていない自己紹介

中野谷つばめ お仕事MENU

トップページへ戻る

1 thought on “【文章の書き方】文末が全部同じで意味がわからないからつまらない文章でした”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です