創作,

【詩】日曜の夜のひとりの帰りたくない詩(うた)

日曜の夜にオフィス街をうろつくなんて
バカげているにも程がある

ビル風が冷たくて
バス停に立ってみるけど
いつ来るのかわからないバスなんか待っていられない

もう少ししたら買えるから
なんて思いながら
地下鉄の表示を通り過ぎる

安心したくて
ドトールでアメリカンのSサイズを頼む

そういえば駅前に本と文具の店があったけど文教堂?
もう少ししたら帰るから
立ち読みもできないよね


もう少ししたら帰るから
炎上寸前の誰かのツイート

もう少ししたら帰るから
各駅停車に乗ってみる?
もう少ししたら帰るから
終点まで行かなきゃ気が済まなくなっちゃって
もう少ししたら帰るから
バスに乗り換えて違う本屋を探す

駅前からの道の途中で
手がかさかさ ハンドクリームを塗る

もう少ししたら帰るから
バッグの中でスマホの充電が切れた



このサイトに掲載したすべての記事について無断転載を固くお断りします
中野谷つばめプロフィール→こちら
中野谷つばめお仕事MENU→こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です