【本の感想20191204・74/100】マンガ化の設定

堀江貴文さんの『多動力』という本を漫画化したものです。

ハウツーもののマンガ化で
一番衝撃的でした。

普通は会社勤めの新人とか
勤続3年とか5年で、そろそろリーダーにっていう人が
主人公です。

仕事のこと、上司や部下とのこと、プライベートで悩んでると
アドバイスをもらって
成長していくストーリーが多いです。

これは全く違う設定です。

設定が面白いので
当然ストーリーも面白いのです。


『マンガで身につく多動力』
堀江貴文・著
星井博文・著
三輪亮介・著
幻冬舎コミックス

“【本の感想20191204・74/100】マンガ化の設定” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です