【本の感想20191204・58/100】片想いの一歩先へ

おもちゃプランナーの女性が主人公です。

テレビのアニメと企画とタイアップしているので
例えばプリキュアシリーズとか。

女の子がワクワクするようなおもちゃを作って
ヒットさせています。
そんな彼女は、5年も片思い中です。

片思いから一歩進めることができるように
動いていきます。

片思いは片思いでずっと続けていくのもありです。

一歩進めるための勇気も必要です。

そして、ラストはこうなっちゃいましたか。
やっぱり、柚木麻子さんの小説、好きです。

『ねじまき片想い』
柚木麻子・著
東京創元社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です