【本の感想20191204・42/100】自分の味方は自分

味方
というと、自分のことを全て肯定してくれて
応援してくれる人。

自分の味方は
まず自分自身である
ということを思い出させてくれる一冊です。

味方は
恋愛を応援してくれるだけではなく
夢に向かって進むときにも
味方です。

藤沢あゆみさんの著書の中で
一番タイトルが長いです。
個人的に「味方本」と略してます。

『何があっても自分の味方でいれば、あなたはこれまでで一番好きなひとに出会う』
藤沢あゆみ・著
KADOKAWA/中経出版

“【本の感想20191204・42/100】自分の味方は自分” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です