【本の感想20191204・37/100】好きな文房具屋さん

『ツバキ文具店』の続きのお話です。

ツバキ文具店で、手紙の代筆を仕事とする
彼女自身の人間関係にも、変化が起きました。

代筆を通して人とのつながりがあります。

ツバキ文具店は、小学生向けの文具も扱っています。
便箋や封筒も、季節の柄などたっくさん
ありそうです。

もし近くにあったら
週に3日は通ってしまうだろうなあ。

個人商店で文房具店って、なかなかないので
続けいいなあと思います。

まだまだ
ツバキ文具店の
代筆屋のお仕事を見てみたいものです。

『キラキラ共和国』
小川糸・著
幻冬舎文庫

“【本の感想20191204・37/100】好きな文房具屋さん” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です