【本の感想20191204・32/100】好きなものは好き

主人公は、ニシノユキヒコという男性です。

この男性目線では描かれていません。

小学生のニシノユキヒコ
中学生のニシノユキヒコ
高校生のニシノユキヒコ
社会人になってからのニシノユキヒコ
に、関わってしまった女性の視点で描かれています。

ラブストーリーです。

ニシノユキヒコの人生について
最後まで読むと、こういう人間だったんだなあ
と、わかったような気がします。

小説の中の恋愛は
トントン拍子にはいかず
苦しく切なく、会えない時は辛い
が、基本です。

それでも
ニシノユキヒコ恋愛関係であることは
女性にとってはかなりの快感なのかな、と思います。


『ニシノユキヒコの恋と冒険』
川上弘美・著
新潮文庫

“【本の感想20191204・32/100】好きなものは好き” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です