【本の感想20191204・4/100】価値観はその人のもの

一見普通に生活しているように見えて
実は貯金を切り崩している生活を
始めた主人公の話です。

カフェに行ったり
家事をしたり
買い物したり
切り詰めた生活をしているものの
心の余裕はある日々です。

れんげ荘というアパートで
他の住人達と仲良く助け合いながら
暮らしています。

このシリーズは3作目まででています。
相変わらず
ゆるゆるとした時間の中で日々が過ぎていきます。

冬がくれば寒くなり
夏が来れば暑くなり
対策に追われることもあります。

当人にとっては全く不幸ではなく
むしろストレスなく
幸せな生活なのです。

価値観は
その人によって違うなあ。

『れんげ荘』
群ようこ・著
角川文庫

“【本の感想20191204・4/100】価値観はその人のもの” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です