【本の感想20191204・28/100】ぎゅっと、1行

コピーライターさんが書いている本です。

コピーライティングというのは
ダラダラ書くものではなく
最初の一行で引きつけて伝える、という本です。

たくさん書いても
伝わるのは1行だけですよ、と。

つまり1行にギュッとまとめて書くと
伝わる・目を引く・読んでもらえるきっかけになるのです。

1行しか伝わらないといって
1行だけ書けばいいというものではありません。

たくさん書いて削って削って削って
絞って出てきた一行だからこそ、伝わるのです。

『伝わるのは1行。』
田口まこ・著
かんき出版

“【本の感想20191204・28/100】ぎゅっと、1行” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です