【本の感想20191204・25/100】童話みたいな

思ったことをまとめる
構想して文章にする
は、
いきなりできるものではありません。

この本の T字で構想する方法は
とてもシンプルです。

ハウツー本 は
専門用語が少ないものを選びます。
もし専門用語が出てきたら
丁寧に解説してある本がいいです。

この本は
小学生が読んでもわかると思います。

アドバイスをくれる
鳥のキャラクターも可愛くて
受け入れやすいです。

鳥のキャラクターと男の子のストーリーが
童話を読んでるみたいです。

『気持ちを「言葉にできる」魔法のノート』
梅田悟司・著
日本経済新聞社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です